肌に合う化粧品は季節ごとに変わります

夏から秋、冬へ季節が変わると乾燥が気になってくるように、冬から春、夏へと季節が変わると、べた付きが気になり出します。

 

湿度が高い季節になることも原因としてあげられますが、肌環境も油脂を出しやすくなっているのです。
汗をかく女性

 

夏は代謝が活発化

夏になると、汗をかきますね。
これは、単に暑いからと言うわけではありません。

 

実は、人間の身体は冬より夏の方が代謝が良くなるため、発汗しやすくなるのです。

 

冬は乾燥に悩むのに、夏は脂っぽくてニキビが気になる。
ある意味、仕方のないことなのかもしれません。

 

でも、美肌を守るためには、そんなこと言っていられません!
何か、対策はないのでしょうか?
対策を考える

 

化粧品を変えてみる

1番速いのは、冬にしっとり系の化粧品を使っていたら、夏はさっぱり系の化粧品に変えてみることです。
意外と、これだけでも脂っぽさは軽減されます。

 

しっとり系の化粧品には、いつまでも肌の上に残っているような、濃厚なテクスチャーのものもあります。
肌の悩みにもよりますが、ニキビの場合、余分なものが肌についたままなのは毛穴をふさぐ原因にもなり、悪影響です。
スキンケア直後にべた付くようであれば、化粧品を見直した方が良いでしょう。
ここがポイント

 

美容液も適度に保湿できるものを

特別なスキンケアに欠かせない美容液。
これも、意外とこってりしているものがあります。
べた付くからと言って量を少なくすると、目的の効果が得られないこともあります。
暑い時期は使用感がさっぱりしているものに切り替えるのが理想的です。

 

化粧水の前に使う美容液の場合は、後から使う化粧品を変えることでも対応できます。
リプロスキンの使用感は、冬はしっとり感が物足りないけど、夏はさっぱりしているのにつっぱらない感じがします。
そこで、後から使う化粧水や乳液を変えることで、丁度良い使用感を選ぶことができます。
⇒リプロスキンと他の化粧品をの組み合わせ方
リプロスキン

 

洗顔をしすぎないこと!

肌がべたつくと、顔を洗いたくなりますが、1日に何度も洗顔を繰り返すと、必要な皮脂まで取り除いてしまいます。

 

乾燥から肌を守るため、毛穴には適度な皮脂を出す機能があるのです。
ところが、皮脂が出るたびに洗顔をすると、毛穴はもっと頑張って皮脂を出そうとするのです。

 

同じことはあぶら取り紙でも言えます。
洗顔は1日2回程度までに留めましょう。
また、あぶら取り紙で皮脂を何度も押さえるのも、脂っぽくなる原因になりますので注意しましょう。
顔を洗った女性

 

角質除去も忘れずに!

新陳代謝が高まると言うことは、『カス』も溜まりやすくなります。
お肌の場合、『カス』は角質になって残ってしまうことがあります。

 

角質が肌に残ったままでは、新陳代謝を妨げてしまうため、肌のターンオーバーが乱れやすくなります。
週に2〜3回、優しく角質が取り除ける化粧品や洗顔量を使いましょう。


このページの先頭へ戻る