化粧水をつけると肌がテカる悩みを解決

顔がテカるのは、皮脂の過剰分泌が原因
と、よく言われますが、化粧水や乳液が原因のこともあります。

 

しっかり保湿しているのに、なぜかべた付く
と感じる時は、使っているスキンケア商品を選び直す必要があるかもしれません。
気が付いたサイン

 

油分は入っていませんか?

まずチェックしたいのが、油分の有無です。

 

オリーブオイルやホホバ油など、天然オイルの美容効果は昔から認められています。
でも、昔と今とでは空気も食事も違います。
昔から良い=今も良い、とは限りません。
自分の体質に合っていない可能性を疑ってみましょう。

 

また、少量の油分は薄く伸ばすことで肌から水分が蒸発するのを防ぐ役割を果たすと言われています。
しかし、厚塗りすると毛穴をふさいで、余分な油分が酸化し、ニキビトラブルのもとになります。
ニキビ肌に悩む人は、油分が入っていないオイルフリー表示のコスメを選ぶことをおすすめします。
オリーブ油

 

『高保湿』が負担になっていませんか?

肌に潤いが足りないと、皮脂が多く出てきてテカる原因になります。

 

そのため、保湿はしっかりと!
が、鉄則ですが、保湿のしすぎが仇になることも考えられます。

 

若いのにアンチエイジング向け高保湿化粧水を使っていたり
脂性肌なのに超しっとりタイプの化粧水を使っている場合がこれにあたります。

 

スキンケアをした後に、ベタつきやかゆみを感じる場合は、保湿が過剰で負担となっている可能性があります。
肌に負担

 

脂性肌の人の保湿ケアは、さっぱりタイプの化粧水を、十分に使うこと!
2〜3回重ね塗りすると、さっぱりタイプの化粧水でも肌の潤いは保てます。

 

保湿用コスメを使っていない

化粧水は、肌に水分を届けるためのものです。

 

一部の有効成分は角質の奥にある真皮にまで届きますが、基本的に化粧水は角質にまでしか届きません。
肌の表面にとどまっているのです。

 

そのまま放置すると、化粧水の水分は蒸発し、乾燥を招きます。
そして、乾燥から肌を守るために、皮脂が出てきてテカります。

 

化粧水の後は、必ず乳液や美容液で化粧水の蒸発を防ぎましょう。

 

潤いを閉じ込めるラップのようなイメージです。
ラップは何枚もする必要ありませんね。
乳液や美容液も、薄く『1枚分』のイメージで、欲張り過ぎず、1回に決められた量を使いましょう。
スキンケア中


このページの先頭へ戻る