ニキビには様々な原因と、種類があります

ニキビとは?

皮膚の炎症性疾患を言います。
一般的にニキビという言葉は、青年の顔面に発生するものをいい、それ以外のものは吹き出物ということが多いそうです。

 

種類について

ニキビができる段階によって、4つの種類に分けられます。
また症状によって、ケア方法も違ったり
治った後にニキビ跡が、残りやすかったりもします。

 

1.初期段階(透明ニキビ)

皮脂が過剰に分泌すると、古い角質と混ざり合い、角栓という芯ができます。
毛穴を詰まらせる原因であるこの角栓ができると、ニキビ予備軍となり、この瞬間からニキビの発生は時間の問題です。
透明ニキビ

2.白ニキビと黒ニキビ

角栓で毛穴がふさがると、表皮の下で皮脂がどんどん溜まってきます。

 

白ニキビとは?

溜まった皮脂が盛り上がって、表皮からその頭が白くボツんと見える状態を白ニキビと言います。
白ニキビは、アクネ菌(ニキビを発症しやすくする細菌)が繁殖して炎症を起こすと、痛みを伴う赤ニキビへ悪化するので、早めのケアが大事だそうです。
白ニキビ

黒ニキビとは?

詰まった皮脂が毛穴を押し上げ、皮脂が空気に触れて酸化し、黒く見える状態を黒ニキビと言います。
黒ニキビは、無理に取るとニキビ跡になったり、雑菌で化膿してしまう場合もあるので、皮膚科に相談することをおすすめします。
黒ニキビ

3.赤ニキビ

肌の深層部には、「アクネ桿菌(かんきん)」という菌が住み着いています。

アクネ桿菌は、皮脂の過剰分泌により毛穴がふさがると、毛穴の中で皮脂を栄養源に分解して、異常繁殖します。

下矢印

このアクネ桿菌が皮脂を分解すると「遊離脂肪酸」という刺激性物質を作ります。

下矢印

この「遊離脂肪酸」は、刺激で炎症を起こし、毛穴を赤く腫れさせます。

これを、典型的な赤ニキビと言います。
この毛穴の中の皮脂、アクネ菌が毛穴の壁を壊すほど膨らむと、多くの場合ニキビ跡になりやすくなりますので、早めのケアを心がけましょう!
赤ニキビ

赤ニキビで気を付けること!

野外で紫外線などに当たって皮脂が酸化し、炎症を引き起こしてできる赤ニキビもあります。
ニキビのできやすい体質・肌質の人は、紫外線に注意が必要です。

 

適度の紫外線はニキビの殺菌効果もあるそうですが、大人の女性は外出時に紫外線防止剤やファンデーションなどを付けている場合が多いので殺菌効果より、ニキビ部分に付いているファンデやコンシーラーに光が当たり、酸化する方が心配になります。

 

ニキビ部分、或は皮脂が溜まった毛穴の上には、くれぐれも油性成分が入った化粧品を、塗らないように注意しましょう!
後、紫外線防止剤にも油性成分が多く入っているので、ニキビのできやすい方は、紫外線防止剤を購入する前にしっかりチェックした方が良いです。

 

4.黄色ニキビ(化膿ニキビ)

黄色ニキビは、ニキビの最終段階であり「膿腫」と言います。
アクネ桿菌やブドウ球菌などが増殖して、ひどい炎症を起こすと、毛穴に膿が溜まって膨れ上がった状態になります。
炎症が進行すると毛穴周囲の組織が破壊されるそうです。
この段階だと多くの場合、真皮まで傷ついてしまうので、炎症が治まった後もクレーターのような凹凸ができたり、赤や茶色のシミのような色素沈着など、ニキビ跡が残ってしまします。
黄色ニキビ
気になる時は、早めに皮膚科に相談しましょう(^◇^)


このページの先頭へ戻る