食べるとニキビができやすい食べ物ってある?

ニキビの原因の中に「偏った食事」があります。
この「偏った食事」って一体どのような食事なのでしょうか。

 

ニキビは皮脂の分泌が多くなるとできやすくなります。
ですから、「偏った食事」=「皮脂の材料になる食べ物を多くとること」といえますね。

 

皮脂の材料になるもの

炭水化物

お米、パン、麺、ジャガイモなど
炭水化物は分解されると糖分になります。その糖分が油分になり皮脂になります。
お米等主食になるので、どうしても多く取りすぎてしまいがちです。
おにぎり

 

甘いもの

砂糖などが含まれたケーキやチョコレートなど
砂糖は分解されると糖分になります。これも皮脂になります。
チョコレート

 

油脂

油、鶏、豚、牛の動物性油脂
血液の中の中性脂肪が増え、皮脂の分泌が増えます。
ポテト

 

ファストフードでのセットメニューなんてこの3つがそろっていますね。
まさにニキビの為の食事です(笑)

 

もちろん、1回食べたくらいで即ニキビになるわけではないですが、頻繁に食べるのは避けたいものです。
セットのポテトをサラダに変えるとか、飲み物は自分で甘さを調節できるものにするのもいいですね。

 

また、甘いものも控えめにするのも大切です。
スイーツ好きには結構辛い・・・
でも、美肌のため!
ビタミンCたっぷりのフルーツと一緒に食べたり、少しでも、肌に優しい食べ方を心がけましょう♪
スイーツ

 

でも、皮脂が多く作られる食べ物だけ控えるようにすれば良いわけではないのです。
他にもニキビが悪化する食べ物もあります。

 

ニキビを悪化させるもの

辛いもの

胃が荒れたり、内臓に負担がかかります。
また、血行が良くなるので、ニキビが炎症してた場合は悪化してしまいます。

 

海藻類

海藻類の中に含まれるヨードがニキビを悪化させます。

 

辛いものも海藻類も1度にたくさん食べることはありませんが、ニキビに影響があることを覚えておくといいですね。
辛い担々麺


このページの先頭へ戻る