オークションでリプロスキンを買う場合の注意

オークションはトラブルの元

実際、私がとあるオークションで検索してみたら、リプロスキンが個人間で取引されていました。
オークションの画像

 

値段を見ると、送料は別ですが定価や定期購入の値段より安く設定されています。
リプロスキンに興味があってオークションで見つけたら、つい買ってしまうかもしれません。

 

でも、オークションは慣れていない人がするとトラブルに巻き込まれたり、取引に納得がいかないこともあります。
上手に利用すれば、リサイクルにつながったり得することもあるので、オークション自体を否定するつもりはありません。
しかし、入札する前に以下の注意点を覚えておきましょう。

 

いつの商品かわからない

化粧品には消費期限が明記されていません。
リプロスキンの場合も、ロット番号が書かれているだけで、いつの商品なのが、パッケージを見ただけではわからないのです。

 

開封後の品質劣化が心配

この場合の「開封」はボトルのふたを開けることを意味します。
開封済みの化粧品は品質が劣化する危険があるので、長期保存には向いていません。

 

多くの化粧品は品質劣化を防ぐため、空気が入らないようにされています。
1度でもボトルのふたを開けてしまえば、外気に触れます。
また、空中に浮遊している菌が入る可能性もあります。
すぐに使い切れば問題はありませんが、何か月も放置されていたら・・・
とても使う気分にはなれません。

 

保存状態は?

たとえ未開封でも、商品は少しずつ劣化します。
さらに、直射日光の当たるような劣悪な環境に置いていたら確実に品質は低下します。
顔につけるものなので、成分の変性はとても気になります。

 

リプロスキンは定期購入ができるのですが、できるだけ新しいフレッシュな化粧水を使えると面からも、安く買うのであればオークションより定期購入の方が安心だと思います。

 

 

「几帳面すぎる」「神経質すぎる」と感じるかもしれませんが、オークションでのトラブルはメーカー保障を受けることはできません。

 

まさに、安物買いの銭失いにならないように、オークションでリプロスキンを買うことは避けた方が良いでしょう。


このページの先頭へ戻る